ステンレス多層鍋の話

ビタクラフト鍋を買い足した話を書いたので、ついでにステンレス多層鍋について、知っていることや経験を書いてみます。

基本的に、ステンレス多層鍋はお勧めです。ちょっと重くて高いですが、焦げ付かないしほとんど永続的に使えます。特に便利なのは、水少なく野菜が蒸し茹でできること。野菜のおいしさが引き出されます。
我が家の最長寿は、実家のお下がりのビタクラフト5層のフライパン、昭和58年に買ったと保証書に書いてあるので、もう20年以上ですが、問題なしです。
一番使っているのが2001年に買ったマグネティックネオバの21cm、2.4リットルですが、これももう13年目、ですね。サザエのつぼ焼きを無理やり作ったせいか、ステンレス表面が凹んだり焦げ痕が見えたり見た目は多少傷んでいますが、機能上は全く問題なしです。

そもそもステンレス多層鍋との出会いは、もう30年前でしょうか。
我が家のお鍋は、永続的なステンレス多層鍋とコーティングがダメになったら買い替えのテフロンフライパン、という構成です。

■INKOR、ウェスト・ベンド社
実家近所で調理実演会があって母が無水調理に興味を示し、「INKOR」のセットが買われました。当時は知りませんでしたが、米国ウェスト・ベンド社のメジャーなお鍋だったようですね。こちらは底にアルミが入っていて、全体はステンレスという構造。
(2014/5/4追記)
ウェスト・ベンド社のお鍋事業はリーガルウェア社に譲渡されていました。
http://westbend.com/support/replacement-parts/west-bend-replacement-parts/lifetime-cookware.html
日本でのサポートは (株)パンレックス か、(株)インコアグループ で継続しているようですね。パンレックスは古くからの販売会社でもあります。

■ビタクラフト
その後、実家では、ビタクラフトのフライパンと小鍋も買い足されました。こちらは底だけでなく、全面にアルミが入っています。
このフライパンNo.5511は実家ではあまり使われなくなり、我が家にやってきています。一緒にNo.5300の小鍋も狙ったのですが、こちらは譲ってもらえず、別途買いました。
我が家には現在、オリジナルの5層、マグネティックネオバ(5層)、セブン(7層)、ウルトラ(9層)、サンディエゴ(5層)、がありますが、ウルトラはちょっと重いので、頻度が高いのは5層鍋です。

■アムウェイ
義理の弟の家は、結婚祝いにアムウェイのお鍋をもらい、それを使っているそうです。
(2014/5/4追記→)
当時はビタクラフトのOEMだったという話もありますが、ビタクラフトのホームページでは「OEM品の製造は一切していない」と言っています。ちなみに今はリーガルウェア社のOEMらしいですので、昔はウェスト・ベンド社のOEMだったかもしれませんね。
(←2014/5/4追記)
まぁ、OEM元から買うよりは割高だろうと思いますが、品質はおそらく問題ないのでしょう。
そもそもアムウェイの知人を介する売り方って、昔、実家でINKORの鍋を買ったときのと同じような感じとも思えます。ただ、インターネット販売がなかった昔は、知り合いを呼んで販売会をやるというのは高額商品に置いては割と普通の商法の一つだったように思いますが、今は情報化社会でインターネットになっているわけで、口コミを参考にするのか、どうしても実物主義なら少し高く思えても百貨店での実演を見て納得して買うかだと思います。

■ジオプロダクト
こちらも全面にアルミが入っているので、ビタクラフトを買うときに、こちらにしようかとも悩みました。最終的には蓋の持ち手がプラスチックで熱くなりにくいということで、ビタクラフトにしましたが、ビタクラフトが高いと感じるならば、試す価値はあると思います。

■フィスラー、クリステル
こちらも根強く人気があるようですね、底だけにアルミが入っているようです。
クリステルは取っ手が取れるので片づけやすいようですし、フィスラーはお値段が手頃みたいです。友人でクリステル愛用者がいますが、鍋としての性能も良いし収納が魅力と言っていました。

ネットのブログや質問コーナーを見ると、結局みなさん、一度気に入ったブランドで買い足している方が多いようですが、とにかく私は底だけでなく全面にアルミが入っているお鍋がいいと思っています。

愛用しているビタクラフトについてですが、一応、アメリカの会社です。
ビタクラフト鍋は百貨店ルートはサントリーショッピングクラブが販売していた時代が長かったと思ったのですが、日本で成功した?ようで、別な神戸の会社が2001年にビタクラフトジャパンとなり、今はそちらの社長が米国のCEOも務めているようです。(英語版のWikipediaに書いてありました!)あと、ビタクラフトのお鍋は米国製しかなかったのですが、最近はベトナムでも作っているようですね。5層(IH非対応はリニューアルされましたが)とかウルトラといった定番商品はかなり長く継続販売されていますが、他の、たとえば我が家でいうとマグネティックネオバやサンディエゴは、一時期だけの商品みたいです。ま、一時期の商品の方が手頃な価格ですし、そちらでも機能は特に問題ないし、重量観点ではウルトラなどよりは軽かったりするので、試してみたい方には一時期商品の方がお勧めかもしれません。

| | コメント (0)

増税前のお買いもの-ビタクラフト鍋

増税前につい、ビタクラフトのお鍋を買い足してしまいました。

今回は通販、ビタクラフトのオンラインショップでです。
20140321_vitacraftsandiego
1.7リットル、1kg、の、サンディエゴ片手鍋です。
他にもいくつか持っていたのですが、2.4リットルと1.2リットルの間がほしかったので、ちょうどよく使っています。
お鍋の下取りありで9000円、下取り鍋をゆうパックで送って650円でしたので、9650円ということになりますが、増税後に似たようなサイズのお鍋、1.9リットル、1.2kgのニューヨーク片手鍋が税抜6800円で出たので、お買い得だったか否かは微妙ですね。
サンディエゴは「米国製」で、ニューヨークは「ベトナム製」だったのが差かな。
今のところ我が家のビタクラフトはすべて米国製、ですが、多分あんまり差はないんだろうなぁ。

| | コメント (0)

canon MP810 のヘッドが概ねお亡くなりになりました

小さな旅でもなんでもない話、ですが、手元で使っていたプリンター、canon MP810廃棄の顛末記です。

我が家でのプリンター使用頻度は低くて、家計書類の印刷、駐車場申し込みのためのコピー、年賀状、といったレベルでしたが、2-3年前からテストパターンのカラーの「上半分」が出にくくなり、「きれい」モードで強制的に何とか見られる色で印字できるという状況でした。それが今年に入るとテストパターンでは黒以外、すべての色で「上半分」が全く印字されなくなりました。当然ながらカラー文書の印刷は悲しい状況となります。ネットでいろいろ調べたところ、どうやら下記の状況らしそうです。
  • canonのプリンタは、5年超でタイマー設定されたかのように壊れる
    (海外のサービスマニュアルには、製品寿命:5年 or 24000ページ超の印刷、と記載があるらしい)
  • テストパターンの上半分などが印字されないケースは、ヘッド詰まりではなくプリントヘッドの故障
ということで、寿命を迎えたから壊れてきた、ということのようです。黒はまだ印刷できそうなので、家計文書の印字にもう少し使って廃棄かな。
2007年夏の購入から既に6年超、本体もそろそろ限界だし、Win8には対応しないということもあって、実家で余っていたMG6330に乗り換えました。
まぁ、潮時でしょう。次から、寿命5年というのは頭に置いておこうと思います。

| | コメント (0)

鍵穴から鍵が取れなくなった話

2ヶ月ほど前、団地構内一斉清掃行事に出かけようとした家人が「鍵が抜けない!」と騒ぎ、鍵を鍵穴に挿したままで出かけてしまう事件が起きました。

幸い、自宅のシリンダーは自分で交換したもので、外すのも自力で可能。だったので、先ずは外して宅内に持ち込んで、廻す角度をいろいろ変えながらやっと鍵を抜き取り。
自分で使っている鍵を挿して抜くのには問題ないので、ディンプル鍵にゴミが溜まったのでは?と先ずは家人の鍵を古歯ブラシで掃除。これで抜き挿しは問題なくできましたが、廻した後はまた抜けなくなって振り出しに戻る始末。
鍵穴にCRC-556もないだろう、と思い、ネット検索したら、その見込みは大当たり。
通常の潤滑油を入れると固まってダメになるそうで、粉状の鍵専用潤滑剤を使うべし、とのこと。
幸い、ごく近所にホームセンターが出来ていたので電話で「鍵穴用潤滑剤」について問い合わせの上で出かけてめでたく購入!

Photo
同日中にトラブルは解決しました。
同じようにお困りの方にお役に立てば嬉しいです。

| | コメント (0)

アメリカ旅行での現金両替

6月に仕事でアメリカに行ったとき、幾つかのパターンで両替レートを比べてみました。

結論:なるべくクレジットカードを使う、少額の現金が必要なら出発前に成田の銀行で両替する、ですね。

出発前に「カードキャッシングのレートが有利」という噂を聞きつけて、銀行と両方で比較してみました。
あと、過去の経験から、国際カード(新生銀行)のATM引き出しも比較してみます。

・日本の銀行での両替
  市中レート+3円程度

・海外ATMでの口座引き出し
  VISA等のレート+4%

・クレジットカードの海外キャッシング(楽天カード)
  VISA等のレート+ATM使用手数料(1回の利用あたり、1万円まで105円、1万円以上210円)+利息
  ※利息を減らすために繰上げ返済という案もあるようですが、
   電話対応しかないなど、結構面倒なようです。
   今回はリボの上限以内であることを確認し、翌月一括に。
   実績
    = $20.00
    = \1589(\79.45/$1.00)+利息\32+手数料\105
    = \86.3/$1.00

・クレジットカード支払
  VISA等のレート+1.63%程度

確かに海外キャッシングはレートは有利なんですが、手数料で一気に割り負けます。一度に10万円分とか下ろすなら、日本の銀行両替より有利になるケースがあるかもしれませんが、それならカードで買ったほうが安全。。高額な商品を現金で買うというケースはあまりありませんから。現地でチマチマと現金を下ろしながら長期滞在となると、多少レートは悪いのですが、口座引き出しが使い勝手が良いですね。

あと、ATMを使う場合、気をつけないと上記以外に「当該ATM使用手数料」がかかる場合があります。
これまで、公共施設などにある「Bank of America」のATMは、比較的手数料が掛からない印象ですね。
シアトルのSEATAC空港内、デルタ出発ロビーにあったU.S.Bankは、確か、$3-? 程度の手数料が表示されまして、必要な現金は$40-とかだったので、使うのを止めました。

ホテルのATMなどは、利用率が低いからか、手数料が掛かるケースが多いですね。アメリカは応分負担の文化なので、準備が悪くて稀な場所で現金引き出しが必要になったなら手数料を払いましょう、ということでしょうか。

| | コメント (0)

Roomba530が我が家にやってきた

忙しい家に人気のルンバ、我が家でもとうとう購入しました。

正規品はやっぱり海外の値段を見てしまうと高いと感じますね。楽天市場のお店で電気工事士がいて、ACアダプターは日本用に交換してくれると説明があったし、無線通信を使うような上位機種でもないし、修理対応もする、というので問題ないと判断し、まずはアメリカからの並行輸入品にしました。
「試し」で出せるのは感覚的に3万円程度までかなと思うのですが、日本の正規品は安い機種でも6万円近いし、それを割り引きで売っている場合でも、4.5万円~5万円というところ。それが例えば米国のamazon.comなら、$299-なんですよ、グローバル時代の価格とはとても言えない!日本人は細かいことに文句を付けるから、と、日本の許認可取得、といったあたりで、コストアップしているんでしょうかねぇ。それとも日本メーカーの同様の製品の価格と横並び?消費者としては嘆かわしい限りです。

20120415_roomba530

で、実際に使ってチラチラ見ていたところだと、
 ・音は意外とうるさい、留守中運転が良さそう
 ・掃除は丁寧、だから時間もかかる、けど仕上がりにそれほど文句は無い
 ・玄関の段差や、雑誌の山はきちんと避けてくれる
 ・家具にぶつかると言うけれど、バンパーが縮む感じで当たり、家具を傷める感じはしない
 ・紙袋、厚めのタオルマット、ひも状のもの、が床にあるとNG、絡んでエラーで止まったりする
 ・複数の部屋も「一部屋」扱いで、一応掃除できそう(homeに戻れないケースもあるようですが)
 ・袋小路には弱い、なかなか出て来られない(が、今日のケースでは8~10往復もしたあと、最後に出てきた)
というところで、
さすがはロボット掃除機の老舗です。今後は留守中に掃除させようと思います。

ホコリが結構取れますので、フィルタは詰まり易そう。壊れやすいと言う噂もあるので、マメに捨てるなり、他の掃除機で吸い取るのが吉と思われます。その点でスケジュール機能で決まった日に掃除させる560よりは、ボタンを押して掃除させた日には、戻ってからゴミ掃除をする530にして良かったです。

アメリカ市場の商品だと、やっぱり日本向けよりは壊れやすいとは見越しますが、3年保証というので、購入した店が潰れなければとりあえず修理はしてもらえることを期待しています。まあ、3万円程度だったので、3年使えばとりあえず満足、できるよね!?

| | コメント (0)

三井アウトレットパーク南大沢-セールの話

自宅と実家の間にあるアウトレット、三井アウトレットパーク南大沢のセールに旅行ならぬプチドライブ。パーク全体のセール狙いというよりは、エディーバウアー(Eddie Bauer)から来たハガキに釣られました。曰く、2/3-2/12なら、1点からアウトレット価格より20%off、4点買うと30%off、7点以上で40%off、というセール。エディーバウアーのアウトレットではよく、お買い上げ点数に応じての割引率upというのを見かけますが、これだけの割引率を見たのは久々でした。

セールなんて本来は期間の初めのほうに行くべきところ、時間が取れなくて、結局行けたのは2/11とセールも終盤。混雑具合は普通の週末という雰囲気で、場外の駐車場なら並ばずに入れました。パークの中もそれほど混雑ということもなくて、でも、人はそれなりにいたかな。お目当てはエディーバウアーで冬物のパンツを買うこと。いろいろ試着し選びに選ぶこと1時間半、結局パンツ3点、実家の母のために前回と同じダウンコートを1つ、セーター2点、夫のシャツ1点、で、7点を購入。トータルで2万円を切ってしまうという、びっくりするお値段で買うことが出来ました!サイズも色もかなり限られてきていたものの、ダウンコートなんて、40%offで5000円切るような状況でしたから。

20120211_outletminamiosawa

もちろんお店の方に「セール期間の最初ならサイズがあったんですけどね」と残念なコメントを頂いたものもありましたが、結論は良いお買い物ができたと思います。

アウトレットって気に入らないものを買ったら負けかもしれないけど、こういうセールを上手に使えば、なかなか良いです。御殿場でサイズが無くて残念だったセーターも、たまたまこちらでは入手できたし、やっぱり「出会い」ですね。

| | コメント (0)

お正月の箱根と御殿場プレミアムアウトレット

お正月は実家めぐり、なので、正月休みの延長として、1月6日(金)夜~1月7日(土)と、箱根仙石原で1泊してきました。冬の箱根は温泉が嬉しい、そして富士山もキレイです。写真はホテルの庭と御殿場の「平和公園」からの風景、平和公園は富士山を見るにはベストスポットです 。

20120107_hakone1 20120107_hakone2

その後は「御殿場プレミアムアウトレット」へ。箱根から御殿場ICに向かう途中に場外の駐車場があるので、つい寄ってしまいます。ギリギリお正月セール滑り込みで、良いお買い物ができました。

20120107_outlet1 20120107_outlet2

左は、Eddie Bauer - エディーバウアー のダウン。説明の札には2010年とあるけど見覚えないし、アウトレット専用品かも、という雰囲気。それでも 650 fill power Eddie Bauer Premium Goose Down の暖かさとファスナーを直接肌に当てない等のコダワリは健在。Outlet Priceで10800円から8900円に値下がりしており、さらにお正月セールで10%offとお買い得。この冬、一番出番が多いコートとなりました。

右はSwarovski - スワロフスキーでの入手品、こちらのNeraネックレスもお正月特価?正規価格からの大幅offということで、コート同様のお手ごろ価格で、タートルネックとの組み合わせにて大活躍しています。

箱根に行ったら御殿場でアウトレットへ立ち寄り、東名高速利用の方へはオススメです。

| | コメント (0)

イオン限定サービス、b-mobile SIM プラン・A、100kbps通信の実力

最近、まったくupdateできていませんで、たまの記事が「通信ネタ」ばかりになっていますが。

これ、結論から言うと「結構、行けてます!」です。

WiMAXで使っていたGalaxyS、電車等での外出頻度が非常に低いので、時々WiMAXの1dayを契約してWiFi接続で使っていました。しかし一つ問題が。最近、海外出張の後は仙石原の温泉でお疲れ休みをしていて、仙石原ではWiMAXはつながるものの、その道すがらは意外とNG。例えば足柄SAなんかでもWiMAXはつながらなくって。

先日、アメリカに2週間出張したときに、Virgin Mobileのルーターで、$20-で500MBまで、30days有効、というプランでGalaxySを使ってみたけど、メール、twitter、facebook、出先での地図、ちょっとした検索、くらいなら、100MB~200MBで充分だったというのが正直なところ。日本に帰って来てみていろいろなプランを見るけど、自分の使用頻度で考えたら「やっぱり高い」。

でも繋がるのは便利なんだよなぁ、と、ネットを見ていて気付いたのがこのプラン。GalaxySはdocomo端末なので、b-mobileのSIMはそのまま動作可能だし、とりあえず試してみよう、と気軽な気持ちで近所のイオンに行って契約しました。

帰ってきて接続設定。GalaxySの「モバイルネットワーク設定→アクセスポイント名→新規APN追加」で、AEONのb-mobileの設定をすれば完了。ごく簡単に繋がりました。

速度計測をするに、土曜日ということもあってか、自宅近傍では上りも下りも80-90kbpsと、割と好調。ストリーミングは遮断されているらしいのですが、メール、音声認識での文字入力も問題なし。facebookアプリは最初に少し時間がかかるものの、まぁ使える。mapアプリも同様で、最初は少し時間がかかるけど、出先でちょっと調べたいときに待てないほどではないですね。docomoのMVNOなので、エリアは広いと思うし、これは便利に使えそうです。

残る問題はただ一つ、3Gネットワークにつなぐと、電池の減りがWiFiの時より大きい。こりゃ1日持たないかなぁ?

| | コメント (0)

Fax子機の故障と修理断念の話

なんだかずっと、旅行ネタをupできていませんが。。。今日は「Fax買い替えのお話」です。

自宅のファクスは、パナソニックの KX-PW201 という機種で、子機は KX-FKN340 が1台。ファクス本体が小型化してナンバーディスプレイ対応、というのに惹かれて買ったものでした。もう丸8年、気に入って使っていました。

1ヶ月ほど前に、子機の液晶の文字表示(バックライトではなく文字の黒いところ)が薄くなっていることに気づきました。電池を抜き差ししたらなおったので大丈夫かな、と思ったら、またしばらくすると薄くなる。こういう場合、次は充電池の買い替えだ!と思いたち、6年前製造の電池を買い換えてみても、結局また同じ。

こりゃ子機本体の故障だな、ということで、修理方法をネットで検索して分解してみたら、どうやら液晶のリボン?フラット?ケーブルの中の接触が悪いよう、ケーブルの位置を動かすと液晶が濃くなるじゃない!ということで、いろいろ動かしてみたら、そのうち表示が消えてしまった。どうやら接触不良に止めを刺してしまったよう。この写真で断線がわかるかな?

Kxfkn340


一度戻して液晶表示無しで使っていたら、今度は受話音声に雑音が多いというので、再び分解してみた、ら、受話音を聴くスピーカーの線がハンダからポロッと取れてしまう。さらにアンテナ線かなと思われる薄膜に配線が貼られたものも脱落。スピーカー通話しかできなくなり、こりゃダメだ、と。なるほど、修理は高いから子機買い替えを案内されるわけだ。。。

子機を買い換えようと思っても、結局費用は子機1台付きの本体を買うのとほとんど変わらないので、オークションを探したけど、ACアダプタの刻印番号が我が家のものと似たり寄ったりで同時期の品かな?と思われる。そもそも親機の液晶だっていつ表示されなくなるか、、、というわけで、結局新調することにしました。

しかし、他の家電と比べて安いのは確かなんだが、弱いなぁ、ファクス。せめて携帯電話と同じように、マテリアルリサイクルしてくれないものだろうか?と思うけど、結局ゴミの日に出すことになるのかなぁ。ちょっと複雑な気分です。


| | コメント (0)

«WiMAX本契約-BIGLOBEにしました